お風呂で汗を大量にかく入浴法!【発汗ダイエットでキレイに】

ライフスタイル 2019/02/03 By Mana 1204 View

お風呂の時間を美容・ダイエットに活用するためのポイントは汗をかくことです。この記事では、汗をかく入浴方法について紹介します。

お風呂で汗を大量にかく入浴法!【発汗ダイエットでキレイに】

毎日入るお風呂だからこそ、どうせならダイエットや美容のために使いたいですよね。
そこで、大事なのは代謝を上げるために、お風呂で汗を大量にかくことです。

この記事では出来るだけ汗をかく入浴の方法について紹介します。

お風呂で汗を大量にかく入浴法

お風呂で汗を大量にかく入浴法

運動や食事制限など、ダイエットって辛いものが多いですよね。
なかなか続かないという人にオススメしたいのが、簡単にお風呂で出来るダイエットです。

お風呂で大量に汗をかくことで、老廃物の排出やむくみの解消にも繋がります。
ダイエットにとって必要不可欠な代謝のアップにも効果的◎

まずは、発汗することでどのような効果があるのか具体的にみていきましょう。

汗をかく効果①:むくみ防止

脚や顔のむくみって嫌ですよね。
むくみを予防するためには、リンパの流れをよくする必要があります。

そのために効果的なのが、お風呂で汗をかくことです。
入浴中に脚などをマッサージすることで、さらにリンパの流れをよくすることができます。

入浴以外にも、運動なども効果的です。

汗をかく効果②:体質改善

お風呂で汗を大量にかく入浴法

アナタはお風呂で汗をかきやすいタイプですか?
汗をあまりかかないという人は、もしかしたら代謝が低いかもしれません。
しかし、入浴や運動などで発汗を促すことで体質の改善が可能なんです。

また、冷え性の改善にも効果的なので嬉しいことばかりですね。

汗をかく効果③:ストレス解消

現代社会においてストレスというのは避けられませんよね。
しかし、ストレスを溜め込んでしまうと、美容にもダイエットにも悪影響を及ぼしてしまうかも。

そんなストレスですが、入浴で汗をかくことにより解消効果が見込めるんです。
汗をかいた後にスッキリしているといった経験をしたことがありませんか?

それは、発汗作用には自律神経が整えられる効果があるからなんです。
カラダのだるさが解消される以外にも、ストレス解消などの効果が期待できます。

入浴中に汗を大量にかく方法

入浴中に汗を大量にかく方法

それでは、入浴中に汗を大量にかく方法について紹介します。

お風呂に入る前にしてほしい運動

まずは入浴する前に発汗量を増やす簡単な運動があります。
それは、スクワットです。

入浴前にスクワットをすることで、筋肉が温まり、より発汗効果を高めてくれます。
汗腺機能をアップさせるしょうが入りのジュースなどを飲むのも良いでしょう。

お湯の温度は熱すぎないように

お湯の温度は熱すぎないように

汗をかくコツとしては、40度近い温度で30分ほど入る方法ことです。
40度以下の温度では、汗をかかないどころか副交感神経が刺激されることで、食欲が増してしまうことも。

また、熱すぎるお湯に長時間浸かってしまうのも、カラダに負担がかかってしまうので、注意しましょう。
それでは、入浴中の汗をかく方法を紹介します。

汗をかく入浴法①:交代浴

交代浴とは、18度前後のぬるま湯と40度近い熱湯を交互に入る方法です。
サウナで汗をかいた後に水風呂に入ったりしますよね。

カラダを冷ましたり温めたりすることで、カロリーの消費量もアップ◎
自宅では二つの湯船を用意するのは難しいので、シャワーなどでも問題ありません。

しかし、体調が悪い時にはカラダに負担がかかってしまうため、控えるようにしましょう。

汗をかく入浴法②:バスソルト

バスソルトを入れることで、発汗作用が上がります。

バスソルトの中でも天然塩を使用しているものは、たくさんのミネラルが含まれています。
これは温泉に浸かっているように、カラダを芯から温めてくれるので代謝アップやカロリーの消費にもとても効果的です。
疲労回復にもなりますので、お風呂のお供にとてもオススメです。

ミネラルバスパウダー_冷え改善

汗をかく入浴法③:半身浴

汗をかく入浴法③:半身浴

半身浴は、老廃物の排出効果や冷え性の改善など、様々な効果を見込むことができます。
入浴をする前に、コップ1杯のお水などを飲むことで、発汗のサポートに。

40度以下のお湯でじわじわとカラダの芯まで温めるようにしましょう。

まとめ

以上、お風呂で汗を大量にかく方法について紹介しました。

せっかく毎日浸かるお風呂なので、美容やダイエットのために活用しない手はありません。
入浴中にたくさんの汗をかくことで、理想のボディに近付けるのではないでしょうか。

是非毎日のお風呂の時間を活用して、内側からキレイを作りましょう。

キーワード:

WHAT'S NEW

WEEKLY RANKING