朝の30分の習慣で痩せやすくする♡朝活で基礎代謝を上げてダイエット

ライフスタイル 2018/10/19 By Mana 928 View

朝はギリギリまで寝てしまっている・・・。そんな人にオススメしたいのが朝活です。朝はダイエットにはもってこいの時間帯って知っていましたか?

朝の30分の習慣で痩せやすくする♡朝活で基礎代謝を上げてダイエット

ダイエットに必要不可欠な基礎代謝。

そんな基礎代謝を朝に上げれば、1日中脂肪燃焼モードを作ることができちゃうかも。
今回は朝の30分で基礎代謝を上げるダイエット方法について紹介します。
朝活を習慣化して、ダイエットを成功させちゃいましょう。

基礎代謝を上げるとダイエットに繋がる?

基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのことです。
私たちは意識しなくても、心臓を動かしたり呼吸をしたり、活動を続けています。
この活動エネルギーを基礎代謝と言い、1日の70%もの消費カロリーを占めているんです。

つまり、基礎代謝を上げれば上げるほど、太りにくく痩せやすいカラダ作りに繋がります。

朝活がダイエットにオススメな理由

朝は眠たくてギリギリまで寝ていたり、あまり時間が取れないという人も多いと思います。
しかし、基礎代謝を上げるなら朝がオススメなんです。

朝の空いた時間で基礎代謝を上げることができれば、その日1日脂肪燃焼モードを作れちゃうかも。
特に朝行うことで、効率よくカロリーを消費することが可能なんです。

朝起きてからの時間の使い方で、痩せるか痩せないかが決まるほど重要だと言えます。

朝活のメリットはこんなにも

朝一は人間の構造上、一番空腹な時間帯です。
その時間に筋トレや有酸素運動を行うことで、体脂肪が燃えやすくなります。

それ以外にも、

  • 痩せ体質に変わる
  • 前向きなポジティブ思考になる
  • 痩せる生活リズムが手に入る

などのメリットもあるんです。
朝活でダイエットする女性

朝に基礎代謝を上げてダイエット

では、具体的にどのような方法があるのか紹介しちゃいます。

起きたらベッドで伸びる

朝起きたあとに、カラダを伸ばすと気持ち良いですよね。
ベッドの上でカラダを伸ばすだけで、カラダは目覚めやすくなります。

それだけでなく、基礎代謝が向上や食欲も上がるので活発に活動が出来るなどの効果にも◎
30秒ほどでいいので、伸びるようにしてみましょう。

白湯を飲む

痩せやすい体質を作るために、朝起きたら白湯を飲みましょう。

温かいお湯を飲むことで、お腹の調子を整えたり、利尿作用の効果がありデトックス効果が期待できちゃいます。
毎日飲み続けることで冷え性の改善にも繋がっちゃうんです。
朝に白湯を飲むダイエットする女性

朝食をしっかり摂る

朝はお腹が空いていなかったり、時間がないという理由から朝食を摂らない人も多いと思います。
しかし、朝食を摂ることで脳の働きを維持してくれて、基礎代謝が活発になり肥満防止になるんです。

「お腹が空いていなくて難しい」という人は、最初はスムージーなど飲みやすいものから始めてみましょう。

しかし、冷たいものを摂りすぎると冷えに繋がってしまうので、冷たい飲み物や夏野菜には注意が必要です。

時間がある人は有酸素運動もオススメ

土日など時間がある日の朝は、有酸素運動をすることもオススメです。

朝起きてからすぐは、交感神経が優位に働いています。
交感神経が優位に働いている方が、エネルギーを消費しやすいと言われており、同じ運動を夜行うのと朝行うのでは、朝のほうがダイエットがスムーズに行えるんです。

朝起きてすぐに激しい運動をしてしまうとカラダがびっくりしてしまうので、軽いウォーキングやランニング程度の有酸素運動を行ってみましょう。
朝活でエアロバイクをする女性

ストレッチも効果的

運動が苦手な人や、朝に有酸素運動をする時間がないという人はストレッチも良いでしょう。

ストレッチは10〜20分ほどの時間で簡単に済ませる出来ます。
全身を動かしながらほぐすことで、全身の筋肉を運動させているので、実はかなりの運動をしていることになるんです。

また寝起きにストレッチを行うことで、全身の筋肉が目覚めて代謝を上げる効果が期待できます。
ストレッチを継続的に行うことで、カラダも柔らかくなり痩せやすい体質へと変化していくでしょう。
朝にストレッチでダイエット効果

まとめ

以上、朝活の効果やオススメの基礎代謝を上げる方法について紹介しました。

早起きは三文の徳と言いますが、ダイエットでも効果を発揮してくれます。
また早起きをすることで時間に余裕ができ、空いた時間は自分の趣味に打ち込んだりすることも出来るんです。

最初は続けるのが難しいかもしれませんが、慣れていけばきっとアナタをより美しくしてくれるでしょう。

キーワード:

WHAT'S NEW

WEEKLY RANKING