美肌は食生活から!肌荒れを防ぐ食生活

ビューティ 2019/02/25 By Aya 1121 View

どんなに化粧品にお金をかけても食生活が崩れていると肌荒れを引き起こしてしまいます。食事をおろそかにしては美肌は手に入れられません。肌荒れが気になる人や、敏感肌の人はもう一度食生活を見直してみましょう。

美肌は食生活から!肌荒れを防ぐ食生活

どんなに化粧品にお金をかけても食生活が崩れていると肌荒れを引き起こしてしまいます。
食事をおろそかにしては美肌は手に入れられません。
肌荒れが気になる人や、敏感肌の人はもう一度食生活を見直してみましょう。

肌荒れを引き起こす食べ物

肌荒れを引き起こす食べ物

お肌が荒れる食生活では「難分解性油」を多く摂取している事が多いです。
この難分解性油とは飽和脂肪酸やトランス脂肪酸を多く含んでいて、お腹の中で分解しにくい油です。
主にファーストフードやコンビニの揚げ物などに多く含まれ、体内に溜まりやすい性質で肝臓などの消化器官に大きな負担をかけます。
これが肌荒れの原因になる可能性が高いと言われています。

植物性油脂には注意

  • マーガリン
  • シュートニング

は難分解性油の代表格。
こういった油脂をしようするととても長持ちするため業務用の揚げ油などに多く使われています。
肌荒れを起こさないために、外食時の揚げ物などはあまり口にしないほうが良いでしょう。

肌荒れしやすい食べ物

  • ファーストフード
  • コンビニの揚げ物
  • ポテトチップス
  • カップラーメン

などは肌荒れを引き起こしやすい食べ物です。
また、以外ですが下記のような食べ物も実は肌荒れの原因になりえます。

  • 市販のカレールー
  • 市販のドレッシング

お家で自炊するからといっても、カレーやドレッシングをたっぷりかけたサラダばかり食べているとやはり肌荒れの原因になります。

どんな食べ物を食べると良いか

実は肌に良い食事で重要な食材は肉や魚です。
お肌のために「野菜を中心に」と考えている人が多いのですが、野菜には肌を助ける栄養はあまり含まれません。
もちろんビタミンの摂取や食物繊維などは大切なので野菜を食べること自体は良いです。
ただ、人間のカラダや肌はたんぱく質を中心にできています。
そのため重要なたんぱく源である肉や魚はとっても重要です。
肌荒れしにくいお肌を作るには、しっかりとたんぱく質を摂取しましょう。

必要な油もお肉や魚から摂取

必要な油もお肉や魚から摂取

私達のカラダに必要な脂質は主に動物性の油脂で代用ができるんです。
つまり必要な脂質は肉や魚に多く含まれているので、毎食これらを食べると十分な脂質を摂取できます。
肉類でしたら200グラムを1日に摂取するとよいとされています。

コラーゲンも摂取しよう

コラーゲンを体内に摂取すると分解されてしまうので食べてもあまり意味がないと言われることもあります。
ただ、コラーゲンにはヒドロキシプロリンという特殊なアミノ酸が含まれており、体内でお肌のコラーゲンを作りやすくしてくれます。
コラーゲンはたんぱく質の一種でですから、食べると体内でお肌の材料となるのです。

ただし、コラーゲンを食べたらそのままお肌に届くと言う訳ではなく、1ヶ月ぐらいかけてお肌に届くということを理解しましょう。

まとめ

人は食べたものからできています。日頃生活しているとこの事を結構忘れがち。
お肌ももちろん食生活がかなり影響してきます。
美味しくて手軽だからといからといってファーストフードや揚げ物ばかり食べるのはNGです。
また、間違った知識で野菜中心の食生活にして、お肉や野菜を食べないのもお肌にとって良くありません。

肌荒れを起こしやすい方はもちろん、美肌を手に入れたい人はもう一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

キーワード:

WHAT'S NEW

WEEKLY RANKING